:::
ここをクリック!
了解しました
7月「2017 フィッシャーマン・ステージ 」参加バンド紹介
BOXING楽団
出演日
7/8(土)
アーティスト名
BOXING楽団
紹介
台湾初の原住民ラテンラップバンドで、ラテン、ロック、ヒップホップを融合した音楽スタイル。メンバーは屏東パイワン族の3組の兄弟からなる6人ユニットで、ボクシング選手というバックボーンをもつ。もともと「SE楽団」という名で活動し、2010年に正式結成後は、多くの音楽祭などで演奏を行っている。2012年に歌手のAmei(張惠妹)の評価を受け、AMeiZINGワールドツアーで唯一となる9ステージでのゲストバンドに呼ばれる。2014年10月31日にパイワン族語アルバム『野生BOXING』と中国語アルバム『BOXING』を同時リリース。またアルバム『野生BOXING』で第26回金曲奨最優秀新人賞、最優秀バンド賞、最優秀原住民アーティスト賞及び最優秀原住民言語アルバム賞にノミネートし、最終的に最優秀新人賞を獲得した。
Airy and The End World Party
出演日
7/8(土)
アーティスト名
Airy and The End World Party
紹介
「Airy and The End World Party 」は2016年末に結成されたAiry(小女伶)を中心とする5人組の台湾オリジナルバンド。人々を虜にするサウンドを最終征服目標とし、強いGROOVE感を備えたオリジナル音楽で攻勢に出る。2017年に計画した感覚系統の植民地化計画を、植民地戦争の武器とする。「Airy and The End World Party」は1つのバンドにとどまらず、毎回のステージで観客にサウンドエネルギーの感染を目論み、音楽に最も原始的な喜悦を伝達させる。また各ステージのパフォーマンス力で台湾の優秀なcrossover音楽ファンを魅了し、さらに多くの人々にAiry and The End World Partyの音楽に耳を傾けさせる。
SAVAKAN
出演日
7/9(日)
アーティスト名
SAVAKAN
紹介
まだまだ若いSAVAKANは自分たちの夢に向かって努力しています。それが大きすぎる夢であっても必ず実現させます。SAVAKANは2014貢寮海祭の決勝の舞台に立ちました。また熱血鋼好音楽大会で優勝しました。近い将来多くの人がSAVAKANの歌を聴き、みんながSAVAKANと呼んでくれることを期待します。
Air Dolphins
出演日
7/9(日)
アーティスト名
Air Dolphins
紹介
台湾インディーズバンドで早くから活躍するベテランバンド。R&B、Funk、Reggae及び60年代のサイケデリックロックなどの要素を融合させた音楽はAir Dolphinsの一貫した特徴。Greatful Deadのような即興でスタイルを変化させる実力派ロックバンド。
東東(湯運煥)
出演日
7/15(土)
アーティスト名
東東(湯運煥)
紹介
2003年末、湯運煥の客家語ファーストアルバム『愛要説出来』が、平易な話し言葉の歌詞と流行性を失わない優美な曲調で都会の若者層から支持を集める。またメディアは彼を「シティ客家歌手」と位置付けた。2004年にリリースした『遠方的鼓声』は客家文化と精神が色濃くつまった作品で、大きな反響と共感を得た。さらにこのアルバムで第16回最優秀客語アーティスト賞を受賞。音楽活動以外にもよく客家イベントの司会や、客家テレビ『健康生活好煮意』、『哈客音楽瘋』などの番組MCを務め、こうした機会に使うことが少なくなった客家語を盛り上げ、大衆と若者層に客家語の美しさを伝えている。新世代の若者の立場から客家語音楽の創作に取り組む湯運煥は音楽の多元化を最も重視する。客家語も流行音楽と同じように同等あるいはそれ以上になることを望んでいる。湯運煥はロックスタイルを通して豊富な客家音楽を発信する。
UrbanCat
出演日
7/15(土)
アーティスト名
UrbanCat
紹介
都会の中のカントリーミュージック、トレンドの中のジャズ。猫にとって昼間は夜中で、夜に眠らない猫は、いつも閉まらない喫茶店でジャムを作る。アコースティックギター、ベース、ドラム、客家語の女性ボーカルが織りなす独自のメロディーと記号。いっぱいの素朴な味わいとささやかれる大人の童話的魅力。他に類を見ない独特なUrbanCatの音楽は、自然と調和した旋律とまったりとした歌声が特徴的。伝承が危ぶまれる素敵な方言の客家語で歌い上げ、清々し都会の精神民謡を届ける。
La Petite Nurse
出演日
7/16(日)
アーティスト名
La Petite Nurse
紹介
La Petite Nurseは結成14年目のバンド。1stアルバム『青春豆』では青春、2ndアルバム『佛洛徳的独歩舞』では幻想と多彩、そして3rdアルバム『守護者』では成熟を感じさせるスタイルとなっている。作品は常に変化を遂げ、衝突と感情の共存を、聴く者のそれぞれの思いに語りかける。まるで聴衆の耳元でささやくようにLa Petite Nurseは真実の自分を音楽を通してひずみの世界に伝達している。4枚目となるスタジオアルバム『流行感冒』では、新しいスタイルに挑戦しており、ローファイ(Lo-Fi)、スペースロック(Space-Rock)、マスロック(Math-Rock)、ポストロック(Post-Rock)及びシンセロック(Synth- Rock)などの要素を取り入れている。まるで鮮やかに変化するインディペンデント・ムービーのようなアルバムである。
Tai-Ko Electro Co.
出演日
7/16(日)
アーティスト名
Tai-Ko Electro Co.
紹介
Tai-Ko Electro Co.はボーカル兼ギターのKoDaBowとDJのDavid Jr.からなる2人組のテクノユニット。
ローカルでユーモラスたっぷりの歌詞のアクセントと当代テクノミュージックのハイエナジーを融合させ、テクノ感を持たせた最も現代的かつ未来的な台湾語ミュージックを確立する。
絶対的な「エンターテインメント」と「ハッピー」が「Tai-Ko Electro Co.」の現場ステージでの最重要任務であり、毎回のパフォーマンスで「純粋な楽しさ」を全力で観客に伝える。
同時に徐々に台湾語の素晴らしさを忘れていく台湾の若者に台湾語をもう一度身近なものにし、親しみを感じるように力を注ぐ。
Auntie Roxy
出演日
7/22(土)
アーティスト名
Auntie Roxy
紹介
Auntie Roxyは台湾第1回地球春浪大賞でチャンピオンに輝いた。207組の参加バンドの中から審査員の乱弾阿翔、陳珊妮、蕭閎仁の評価を勝ち取った。メディアはAuntie Roxyについてロックの気迫と力強いリズムが視覚と聴覚にしみわたると表現している。
TRASH
出演日
7/22(土)
アーティスト名
TRASH
紹介
TRASHが変わらず堅持する信念とは、勇敢に己を貫くことである。周囲の雑音がどんなに大きくても、TRASHは終始自分たちに忠実であり、音楽を通して真の内なるサウンドを創作する。※2012年ファーストアルバムがリリースされるとROSEレコード(玫瑰大衆唱片)のベスト10に4週連続でチャートインする。※2013年国内の各音楽祭に参加。Golden Melody Festival、ROCK BANDOH、ROCK IN TAICHUNG、Megaport Festival、RainbowBayFestival、硬地音楽展、Rock Sonic Day in KAOHSIUNG、Wake Up Festivalなど、主要な音楽祭に姿を見せる。※2013年受賞後に海外音楽祭の招待を受け参加。韓国インチョン音楽祭、シンガポールMusic Matters音楽祭、香港呼叫音楽節及び2014年初の深セン迷笛音楽節、上海熱波音楽節など。※5 Seconds of Summer の2015アジアツアー台湾でゲスト出演の依頼を受ける。
Suitcase
出演日
7/23(日)
アーティスト名
Suitcase
紹介
ポップロックスタイルの男性3人組バンドのSuitcaseは、台湾音楽界では珍しい3人ユニット。ボーカル兼ギターの獅子丸、ベースの成龍、ギターの乃恩は幼なじみであり、20代後半になった彼らは元々のバンドから離れ、音楽と友情を原動力とする自分たちの夢のバンドを結成した。有名プロダクションの指揮の下、2015年10月に「Suitcase」として正式に出発し、ファーストアルバム『愛到卡惨死』をリリース。メンバー全員がクリエーターであり、身近な体験から現代の恋愛を歌詞にすることを得意とする。また今どきの青年男子の未来を音楽に乗せる。
TaiwanSoul
出演日
7/23(日)
アーティスト名
TaiwanSoul
紹介
TaiwanSoulは2011年に結成。メンバーはそれぞれリーダー兼キーボードの小楽、ボーカルの紅中、ギターの維軒、ベースの礼義、ドラムの阿ken。音楽を通して人々が生活の中にリズム、快適、愉快、切なさなどを感じ取れるサウンドを目指す。また、たゆまぬ向上心で各種様々な音楽スタイルに挑戦している。バンド名の爽(中国名:台湾爽)を起点とし、縛られないスタイルで聴く者に喜びを与えるスーパーハイな音楽を提供する。
リズムがあれば寂しくない。
楽しさ、辛さ、その全てが人生だ。