:::
リストに戻る

「2017 新北市貢寮国際海洋ロックフェスティバル」イベント開始

「2017 新北市貢寮国際海洋ロックフェスティバル」イベント開始
ニュース 2017/7/14
日付 2017/07/28 - 2017/07/30
主催者 新北市政府観光旅遊局
新北市政府観光旅遊局ニュースリリース(2017年6月23日)
「2017 新北市貢寮国際海洋ロックフェスティバル」イベント開始
17年目を迎える海洋ロックフェス!定番プログラム、名ギタリスト17人が貢寮で共演!

【新北市報道発表】「オーシャンズ17、トゥギャザー!」をテーマに、2017 新北市貢寮国際海洋ロックフェスティバルが7月28日から7月30日にかけて福隆海水浴場にて盛大に開催されます。毎年大きな注目を浴びる海洋インディーズミュージック大賞のほか、国内外のハイレベルのインディーズバンドが多数出演するなど、音楽ファンに3日間盛りだくさんのプログラムを提供します。新北市貢寮国際海洋ロックフェスティバルが初開催から今年でちょうど17年目を迎えることを祝し、3日間のプログラムのハイライトの一つとして、主催者選りすぐりの名うてギタリスト17人が同じステージで演奏を繰り広げます。

青春17、海洋ロックフェス17年目のロック初心回帰
新北市政府観光旅遊局の陳国君局長は、「海洋インディーズミュージック大賞コンテストは、インディーズバンドがその頭角を現すチャンスを提供して台湾の音楽シーンに新たな生命力を吹き込み、台湾のミュージシャンの多様で満ち溢れるエネルギーを活性化させます。『貢寮国際海洋ロックフェスティバル』を台湾音楽シーンにおける重要なベンチマークのひとつとし、今年のテーマである『オーシャンズ17』には、17歳の青春への回帰、ミュージシャンを志したあの日の情熱への回帰という意味も含んでいます。『貢寮国際海洋ロックフェスティバル』における、新世代ロックンロール発掘精神の継承を期待しています」と述べています。

本年の審査委員長を務めるバッククォーター(四文衛)のリーダーのホーシン(虎神)氏は、「スタイルを異にするバンドが多数エントリーしており、審査委員は予選審査に出場する30組のバンド選びに相当な時間をかけて議論するとともに、昨今の若い世代における音楽創作ムードの盛り上がりに安堵しています。記者会見の場に過去に貢寮国際海洋ロックフェスティバルに参加したバンドのリーダー16人を招き、今年の「オーシャンズ17」の価値を伝承しました」と述べています。

海洋ロックフェス予選審査 未来の優秀なミュージシャンの発掘
本年の海洋インディーズミュージック大賞コンテストには合計141組のバンドがエントリー。国内のプロミュージシャンと音楽評論家が第1次審査を行い、その中から優秀な30組のインディーズオリジナルバンドを選出しました。その30組は7月1日に公館The Wall、7月2日に紅楼河岸留言、7月9日に三鶯芸術村で行われる予選審査に駒を進め、さらにその中から海洋インディーズミュージック大賞の本選に進む上位10組が決定します。3会場で行われる予選審査はいずれも入場無料となっておりますので、審査を一緒に盛り上げてくださる音楽ファンの来場をお待ちしております。

海洋ロックフェス定番 名ギタリスト17人の共演
2017 新北市貢寮国際海洋ロックフェスティバルは、「オーシャンズ17、トゥギャザー!」をテーマに、音楽の交流、技術向上、共有の観点から3日間のプログラムが組まれています。7月28日は「バンドバンドバトン」をイベントテーマに、音楽性が異なる10組のバンドが2組ずつに分かれ、ステージの両側からリレー形式で演奏することで、オーディエンスを幾度となく驚喜させてくれます。7月29日には「海洋インディーズミュージック大賞」コンテストが開催され、審査を勝ち抜いた10組のバンドの素晴らしい演奏が行われるほか、当日のクライマックスとして17人の名ギタリストたちが共演し、海洋ロックフェスの定番シーンを演出。7月30日はワールドナイト「Rock for Fun」と称し、国外のバンドと台湾の人気ロックバンドがともに会場を盛り上げ、新たなテイストのロックを聴かせます。