:::

淡蘭芸文館

石碇区 美術・博物館

スポット写真

スポット地図

スポット情報

アドレス新北市石碇区石碇村石碇東街 87 号
電話連絡886-2-26634381
営業時間9:00-17:00 (月曜定休)

関連情報

展示/公演ホールに漂う芸術の息吹石碇は昔から「東方美人茶」の重要な産地であると同時に、「文山包種茶」も栽培されており、台湾の三大茶市場の一つです。台湾で炭鉱産業が盛んだった時代、石碇もまた北台湾の重要な石炭の産地でした。現在、炭鉱産業は衰退してしまいましたが、いまだ多くの遺物が残されており、これら重要な資産を保存するため、もともとの旧郷公所(旧村役場)を改築して造られたのが「石碇淡蘭芸文館」です。1階は常設展示館で、石碇区の歴史資料、物産などが展示されており、2回は特別展示エリアで、様々な展覧会が不定期に開催されます。3階は小型イベントパフォーマンスエリアで、文芸パフォーマンスを通じて、当地の文化を保存しています。石碇地区について理解を深めたいなら、老街の近くにある「淡蘭芸文館」を訪れてください。ここは放置されていた石碇区の役場庁舎をリニューアルして建てられており、石碇区の地元文化、産業、自然景観、民俗イベントに関連した内容が展示されています。このほか、芸文展示空間では不定期で異なる展覧会が開かれており、文学・歴史サークルや芸術家の対外交流の場となっています。