:::

明志書院

泰山区 史跡

スポット写真

スポット地図

スポット情報

アドレス新北市泰山区明志路 2 段 276 号
電話連絡886-2-29099551
営業時間09:00 ∼ 17:00;【公休日】每月第一週的週一休息

関連情報

北台湾で初の学び舎明志書院は清朝時代に胡焯猷が、大甲渓以北には全く学校がなかったのを遺憾に思い、自分の資産を半分削って建てた書院です。現在は新たに修復され、記念館として転用されています。左右の部屋には、明志書院の文化、建築研究、建物修繕の沿革などの資料が展示され、屋外の庭園には、もう一つの「敬文亭」があり、全新北市で、樹林、板橋、新荘とここにだけに見られる、県内悠久の「惜字亭4座」の一つです。発 展の歴史において泰山と臺北地区は密接に関係しており、明志書院はその一例で、北臺北で1つ目、しかも民間の学校です。 1973年、汀洲の貢生だった胡焯猷が土地と建物を提供し、書院の開学経費を工面しました。しかし、いわゆる「義塾」であり、地元に学問をもたらしたのは、後に比較的正式な学校へと移行してからです。その後、書院は新竹に移されましたが、旧地もすぐに荒廃することなく教育の普及が続けられ、それから徐々に廃れていきました。 2003 年、長年補修されていなかった明志書院は倒壊しましたが、王永慶氏の援助のもと再建され、今でも当時の風景を見ることができるようになりました。