:::

スポット写真

スポット地図

スポット情報

アドレス新北市瑞芳区金水公路距水湳洞1K
電話連絡886-2-24972250
営業時間終日開放

関連情報

「水圳橋」は特別な名前で、導水渠の上にかかる橋を指します。このような橋を架けるのは、工場に大量で安定的な水供給が必要だったからです。そのため、遠いところから圳溝で水を目的地に導きました。そして落差のある地形(例:渓流など)をわたるため、その上に橋を架けました。言い換えれば、水が低いところへ流れる原理を利用して、導水用の橋を架けて、地形がもたらす導水障害を乗り越え、水を目的地に導きます。


金瓜石地区で「水圳橋」と言えば、特定しなければ、金瓜石に分布するすべての水圳橋を指します。鉱石を洗練するための導水渠で、途中の地形をわたるために架けた橋です。


遺跡で最も特別なのは金瓜石地区山尖路歩道と外九份渓を渡す水圳橋です。日本統治時代に建てられたアーチ橋は、二基の橋とつながり、特別な三重橋の構造になっています。


ここは山尖路観光歩道に位置する重要な観光スポットで、九份に来たらぜひここにお訪れください。水金九地区で、毎年媽祖行列の路線になっているため、歴史的な意味を持ちます。一番下にある橋は日本統治時代に建てた石造アーチ橋で、狭くて野草に覆われるので、ちゃんと注意しないと見えません。


風に揺れる草は、この古い橋に新しい活力と生命力を与えます。重なり合う橋は、金瓜石では特殊な景観になっています。


水圳橋は青々とした山に囲まれ、山の中腹からさまざまな見かけを持つ民宿が見えます。夜になると、景色がいっそう美しくなります。山壁に位置する建物から輝いている明かりは誰にとっても忘れられない光景です。きらきら光る紫の水金九バスは夜の道を走り続けます。途中で少し休みたいなら、この山に囲まれる古い水圳橋は絶好の場所です。


水金九地区に、人文と自然景色が結合するところがいくつあり、水圳橋もその中に属します。水の流れる音はまるで人を誘うようです。大地と歴史、環境と人の関係を深く体験するだけでなく、ここでのんびり過ごすのもできます。


参考資料:取材訪問、金瓜石瓜山里里長-吳乾正さんの口述