:::

穿屋巷

瑞芳区 史跡

スポット写真

スポット地図

スポット情報

アドレス新北市瑞芳区輕便路
電話連絡886-2-24972250
営業時間終日開放

関連情報

九份は「丰字型」の主要道路に加え、小さな通路が四方八方に広がり、ユニークな穿屋巷を構成しています。穿屋巷とは「家屋の間の狭い路地や軒下」の意味で、主な特徴から三種類に分けられます。一つ目は二軒の家屋の間を縫うもの。二つ目は民家の下を貫き、軒下や坑道をくぐり抜けるようなもの。三つ目は階段で主要な道路と結ばれ、中間に民家を経ているものです。穿屋巷は九份地区の金採掘が隆盛を極めた時代に大量に移住してきた人口や山を埋め尽くすように建てられた建築物と関連があります。住民が密集する建物の出入りを便利にし、火災の時の避難経路も考慮したことから、このようなユニークな通路ができ上がったのです。一つ目の代表例は「洞天閣穿屋巷」です。基山街175号と177号の間にあり、崙頂路の九份小学校と洞天閣茶坊に直通しています。二つ目の代表例は「芋仔蕃薯穿屋巷」です。入口は黄金の郷と阿妹茶楼につながり、芋仔蕃薯茶坊と施家大院の裏門を通って、さらに二本道に分かれます。片方は軽便路の古窓茶坊と山城憶桟、もう片方は基山街と平行に基山街出口に通じています。三つ目の代表例は二本あり、一本は基山街公営市場の向かいから伸びる階段を上って九份聖明宮に達します。もう一本は入口が軽便路の昇平戯院の後ろ、水心月茶坊の向かいにあります。階段を上ると基山街の展望台に着き、途中の出口は陶工坊と九份芸術館に通じています。九份の穿屋巷は山沿いの起伏に沿って上下し、一人がやっと通れるほどの狭さです。また穿屋巷の中には急な階段や湿って滑りやすい部分もあります。建築物を通り抜けることも、日光が差し込まないこともあります。穿屋巷を散策する際には、体型や体調とよくご相談の上、気をつけて歩いてください。安全のため、決して無理に通ろうとしないでください。穿屋巷には住居の正門や裏庭を通るものもありますので、住民のプライバシーや静かな生活を尊重してください。参考情報:取材訪問