:::

大粗坑古道

瑞芳区 史跡

スポット写真

スポット地図

スポット情報

アドレス新北市瑞芳区大粗坑
電話連絡886-2-24972250
営業時間終日開放

関連情報

水金九地区は有名で旅客が必ず訪れる観光スポットになっているけど、外側の近くにも歴史と自然景観が融合するところがあります。このいいところは大粗坑にあり、監督-呉念真さんの故郷です。大粗坑古道は過去に栄えたが、今は寂れたところになっています。そして今は、あなた方の到着をお待ちしております。水金九地区に近づく大粗坑古道の起点は台北縣102県道19K、大粗坑分かれ道に位置します。終点の方は北37号郷道の瑞侯公路に位置し、金字碑観光歩道と合流できます。旅客は人並みが水金九より少ない静かな侯峒を訪れた後、古道を歩いて、歴史の旅を楽しみます。古道の長さは約4キロメートルです。空に掛け渡される橋の階段を下りて、目の前に現れるのは没落の跡しかありません。大粗坑渓に沿って歩道を上って、下流でダムが建てられています。中流・上流であちこちにも崩れ落ちた巨大な石が見えます。大粗坑集落に見えるのは、ボロボロになった家屋の廃墟です。ここに大山小学校もありました。寂しい現状を見て、昔の繁栄さを想像するのも難しくなります。昔「小米国」と呼ばれ、地元の住民が九份の店に入るとき、店員は「アメリカ人が来た!」と声を上げて、お客さんを迎えました。採鉱が盛んな時期に、四百軒以上の家屋があり、とてもにぎやかでした。いくつかのときが過ぎ、今ここに人がいなくなり、集落の跡しか残されていません。寂しい現状を見て、昔は歓楽街だったことも想像しにくくなります。ボロボロになった集落を越えて、もう少し歩いて、道に金瓜石の起源が書いてある掲示板が見えます。左へ曲がって、ここから小金瓜露頭の姿が遠く見えます。前へ行って、道の左側に大粗坑山東峰の登山口があります。途中で水金九地区にある大金瓜、河馬の頭と似ている小金瓜山、大肚美人山、茶壺山、報時山などを一覧することができます。これらの山を眺めるのも水金九地区の地質に関する知識を獲得するいい方法です。大粗坑古道のおもむきは、歴史と自然景観が調和するところです。ここで数え切れない哀愁が漂っています。參考資料:取材訪問