:::

大礼拝堂

淡水区 史跡

スポット写真

スポット地図

スポット情報

アドレス新北市淡水区真理街32号
電話連絡886-2-2621-2121
営業時間真理大学の開放時間によります

関連の旅のルート

関連情報

1997年に建てられた「大礼拝堂」は、外観はゴシック式の設計で、内部には主に伝統的な設計が用いられており、地下3階、地上4階、屋根の上の塔が3階の計10階建となっています。
。建築面ではキリスト教の教義とスタイルを際立たせるため、「虚心祈祷の手」をイメージした尖ったデザインが繰り返し使用されており、メインの建物や窓、門のいずれにもユニークな建築スタイルが表れています。特に、大礼拝堂内には台湾で2番目の大きさ(国家音楽庁の次)で、かつ台湾で1台目の32フィートパイプのパイプオルガンもあります。これはオランダ最大のパイプオルガンメーカー-PELS & VAN LEEUWENの全て手作業によるもので、礼拝堂と共に真理大学キャンパスの特色の一つとなっています。

真理大学のキャンパス内にあり、1997年に完成した非常に雄大かつ壮観な建物です。外部は自由に見学可能ですが、内部は礼拝堂の開放時間内にのみ見学できます。