:::

理学堂大書院

淡水区 史跡

スポット写真

スポット地図

スポット情報

アドレス新北市淡水区真理街32号
電話連絡886-2-26212121
営業時間10:00 - 12:00 、 13:00 - 16:00

関連情報

1872年から1880年にかけて、マッケイ博士は青空教育のスタイルで道端やガジュマルの木の下、渓流や海の近くで布教していたことから学校創設の重要性を感じ、1880年のカナダ帰国時に寄付を募り、淡水に戻った後学校創設に着手しました。
「オックスフォード・カレッジ」は1882年に設立されたもので、当時の教会は布教や医療、教育等の人材を育成する拠点でした。マッケイは故郷の人々の支援を記念し、飲水思源(他人から受けた恩を忘れてはならない)の意を込めて、その故郷である「オックスフォード」と名付けました。

オックスフォード・カレッジは、真理大学や淡江高校の前身と言えます。中国の伝統的な色彩が豊富に取り入れられた建築は、マッケイ博士が自ら設計したものです。対称かつ南向きの設計で、屋根には十字架の代わりに8基の小仏塔があります。全体の建材には清水煉瓦と閩南瓦が使用されており、いずれもアモイから取り寄せられたものです。そのうち、小赤レンガの外側には雨風から守るため塗料が塗られており、サイズも地元のものより少し平たい上に長めです。三和土(た¬たき)は蒸したもち米に石灰と黒糖を加え、つき砕いて作られました。現在、すでに国家二級古跡に指定されています。

「理学堂大書院」は国家二級古跡に指定されています。1882年設立で、当時教会は布教や医療、教育等の人材を育成する拠点でした。マッケイがイギリス人の支援を記念するため故郷の「オックスフォード」と名付けたことから、またの名を「オックスフォード・カレッジ」と言います。伝統的な四合院をベースに新しい西洋式の要素を取り入れた建築で、もち米と黒糖、石灰および砂を混ぜた三和土(たたき)、アモイの清水煉瓦と閩南瓦を使用しており、東西の文化が見事に溶け合った模範的な建物です。また、中国の伝統的な色彩が豊富に取り入れられており、対称かつ南向きの設計で、屋根には十字架の代わりに8基の小仏塔があります。東洋の控えめな素朴さと、西洋の目立つ華やかさを同時に見ることができます。

関連の旅のルート