:::

スポット写真

スポット地図

スポット情報

アドレス新北市双渓区牡丹里牡丹路159号
電話連絡886-2-24932980
営業時間06:00~24:00

関連情報

牡丹駅は都会の喧騒から離れた静かで美しい小さな駅です。早期は「武丹坑驛」と呼ばれ、1924年に現在の場所に移転されました。当初は汽車運行の傾斜を緩めるために、牡丹駅内に120度の大カーブが設置され、ここでは汽車の前後が向き合う珍しい景色を撮影することができ、多くの鉄道ファンや自撮り好きの観光客がここで汽車が入ってくるのを待っています。ちょうど汽車がゆっくりと運行し、車体が大きくカーブするところを撮影できるのみならず、場合によっては、汽車と汽車が並列して通行する画面さえもレンズに収めることができます。このような特殊な鉄道設計となっているため、某有名日系自動車企業の広告の撮影スポットにも採用されました。鉄道ファン必見の駅です。

汽車運行の傾斜を緩めるために、「牡丹駅」内に120度の大カーブが設置されています。汽車の前後が向き合う珍しい景色を撮影することができる、鉄道ファン必見の駅です。

牡丹駅は早期、「武丹坑驛」と呼ばれ、元の駅は旧三貂口附近にありましたが、1922年に新しく駅が設置され、1924年に現在の場所に移転されました。牡丹傾斜:牡丹駅は双渓駅に向かう途中、傾斜があり、初期は列車に補助機器を追加することで勾配を前進していました。当初、汽車運行の傾斜を緩めるために、長さで傾斜を代替。これにより、牡丹駅には120度の大カーブが設置され、車体の前後が向き合うような独特の景観が生まれ、多くの鉄道ファンがここで汽車が入るのを待つようになりました。汽車がゆっくりと走り、車体が大きくカーブする様子を撮影できるのみならず、場合によっては、汽車と汽車が並列して通行する様子も捉えることができるため、某有名日系自動車企業「T」社の広告もこちらで撮影されました!