:::

双渓寿山宮

双渓区 寺院・廟

スポット写真

スポット地図

スポット情報

アドレス新北市双渓区渓尾寮45号
電話連絡886-2-24933518
営業時間09:00~21:00
ウェブサイト

関連情報

一般的に、媽祖廟は海からそれほど遠く離れていない場所に位置し、航海の無事を祈願する神殿です。しかし、双渓の「寿山宮」は珍しく山中深くに奉納されています。こちらの主祭祀は天上聖母で、関聖帝君、福徳正神が副祭祀となっています。今日まで150年以上の歴史を誇る、泰平の信仰の中心です。毎年旧暦2月18日には、「迎媽祖(媽祖を迎える)」の年度巡行行事が盛大に催されます。この行事には全村人が参加し、外地で働く青年たちも故郷に戻ってきます。平時、静かで平和な小さな村が一年で最も賑わう季節です。「寿山宮」の建築は極めてユニークなもので、廟の主構造は全て石を切って建造された石の廟となっています。後日、線香の火があまりに盛大であるため、一般的な廟も拡張建設されました。開運のためにきた参拝客は、2種類の風貌の建築を一度に目にすることができます。

双渓「寿山宮」は山中深くに隠れた100年以上の歴史を誇る石造の媽祖廟です。ここでは一度に2種類の廟宇建築スタイルの融合を目にすることができ、非常に貴重です。

寿山宮は泰平渓尾寮地区にある、北勢渓の高丘に位置しています。廟宇(社殿)の主祭祀は天上聖母で、関聖帝君、福徳正神が副祭祀であり、泰平の信仰の中心となっています。神殿は清咸豊10年(1860年)に建てられ、現在までに150年以上の歴史を誇ります。かつては文山堡に属し、日本統治時代の大正年間に三貂堡に戻って、その後双渓庄となり、今日、廟には文山堡の弟子たちが捧げた扁額を目にすることができます。伝説によると、人々は新社媽祖廟(現在の貢寮新社慈仁宮)から大媽を迎えて、会が催され、草寮祭祀が建てられたとされます。その後、神が戻らないとお告げをしたため、その地にとどまり、これが廟建設の機縁とされています。その後、幾度となく修繕・拡張が行われ、1988年の再建後、現在の規模となりました。

今日まで、媽祖信仰は泰平の主要信仰とされており、毎年旧暦2月18日には「迎媽祖(媽祖を迎える)」の盛大な年度巡行イベントが開催されます。当期間、全村人が総動員で準備し、多くの外地で働く青年たちも村に戻って手助けし、平時は静かで平和な小さな村が一年で最も熱くなります。

付近に何があるか