:::
ここをクリック!
了解しました
新北市三峽藍染祭り
6、7月
新北市政府文化局
三峡は旧名を三角湧と言い、以前は藍染めの染料植物「馬藍草」(別名大菁)の主要産地であり、昔の人は三峡山エリアで馬藍を採って染料をつくり、三峡渓の良質な水で染めた布を洗い流していました。良い山と水に恵まれた場所であるからこそ藍染産業が発展し、三峡の染布業もかつて老街(古い町並み)で流行し、非常に盛んになりました。
「三峡藍染祭り」文化テーマイベントの開催は、藍染文化の継承と再構築を通して行われ、「三峡染め」のブランドと中心的な価値を確立しました。系列イベントでアーティストやクリエイターの参加を広く募り、多様なアートパフォーマンスで日常生活と流行を組み合わせて創作活動を行い、藍染文化の交流をすすめています。また、地元コミュニティの中で住民の参加をひろげ、染布町の風情と魅力をアピールしています。関連イベントには藍染作品展や藍染産業の人材育成、藍染DIY体験活動、藍染写真コンテストなどがあります。