:::
ここをクリック!
了解しました
新北市泰山獅王祭り
10、11月
新北市政府文化局
泰山は五岳の首であり、ライオンは百獣の王と言われています。この二つの王者の象徴が合わさって「泰山獅王祭り」となり、泰山は獅子舞文化で台湾を代表する話題の場所になっています。
泰山獅王祭りは2007年に始まったもので、地元の祈念パレード儀式と獅子舞のにぎやかな雰囲気を結び付けただけでなく、泰山の住民と切り離すことのできない地元の獅芸文化をもつくりだしています。毎年行われる「獅王コンテスト」には国内外の優れた獅隊を招待し、獅子舞競技の国際ルールを評価基準として行われます。互いに獅芸を磨いて獅王の栄誉を勝ち取り、泰山の「獅芸」精神を発揮しています。その他、「獅在有趣ロハスカーニバル」と題した、文化アイディアブースや地元グルメの展示販売、獅子舞体験などのイベントもあります。また、旧暦の9月18日には獅王コンテストの上位3チームを招いて、「顕応祖師生誕パレードセレモニー」に参加してもらっています。