:::
ここをクリック!
了解しました
自転車
YouBike
YouBike
新北市政府交通局(以下「機関」)は、市民に自転車を短距離移動の交通手段として広めることを目的として「新北市公共レンタサイクルシステムの設置、運営および管理」案を進めています。市内のサイクリングロードとレンタサイクルの貸し出しステーションを組み合わせることで、市民が低汚染、低エネルギーの公共自転車を短距離移動の交通手段として利用し、自家用車やバイクの所持や使用が減少することを狙いとしており、これによって都市の道路交通の集中や環境汚染、エネルギー消費を改善することができます。
都市の生活文化を向上させ、世界的な省エネ・CO2排出量削減の風潮に呼応すべく、新北市政府と台湾GIANTが共同で、新北市公共レンタサイクルサービス計画、略称「YouBike」を開始しました。
レンタルの詳細についてはYouBikeのサイトをご覧ください
新北市政府が行楽客のため自転車ルートを計画しました。よく知られている景勝地、古い町並み、モニュメントなど、最新情報を提供する。同時にいくつかのリースステーションやメンテナンスポイントが設置されています。新北市のサイクリング体験の魅力を感じて、新たな新北市の文化を楽しみしましょう!
自転車をレンタルできるの場所
1、観 光 ス テ ー シ ョ ン
レンタサイクル営業時間
【平日,昼休憩なし】 冬期:08:00~18:00、夏期:08:00~19:00
【休日,昼休憩なし】 冬期:08:00~19:00、夏期:08:00~20:00
ステーション名 電話 場所
八里ステーション  886-2-8630-5530  八里・左岸公園内、永続環教センターそば 
碧潭ステーション  886-2-8911-8854  新店・碧潭風景区の東岸駐車場内 
淡水ステーション  886-2-8978-5108  MRT淡水駅後方の広場 
2、平 日 の ス テ ー シ ョ ン
レンタサイクル営業時間
【平日,昼休憩:12:00~14:00】 冬期:08:00~18:00、夏期:08:00~19:00
【休日,昼休憩なし】 冬期:08:00~19:00、夏期:08:00~20:00
ステーション名 電話 場所
陽光ステーション  886-2-8978-5602  新店・陽光運動園区内、陽光橋そば 
華江ステーション  886-2-2259-5499  板橋・華江橋の下 
浮洲ステーション  886-2-2275-1617  板橋・浮洲橋の下 (手漕ぎ三輪自転車の貸出しあり) 
永和ステーション  886-2-2922-1750  永和・中正橋の下 
成蘆ステーション  886-2-8978-5600  蘆洲・成蘆橋の下 (手漕ぎ三輪自転車の貸出しあり) 
二重ステーション  886-2-8982-7848  二重・疏洪親水公園內 
新月ステーション  886-2-8978-5603  新月橋の新荘側 
3、休 日 の ス テ ー シ ョ ン
レンタサイクル営業時間
【平日】 貸出しなし
【休日,昼休憩なし】 冬期:08:00~19:00、夏期:08:00~20:00
ステーション名 電話 場所
三鶯ステーション  886-933-787-500  龍窯橋詰のサイクリングロード付近   (手漕ぎ三輪自転車の貸出しあり) 
忠孝ステーション  886-2-8978-5606  三重・忠孝橋の下 
龍形ステーション  886-2-2618-5788  八里龍米路一段386巷7号そば 
鹿角渓ステーション  886-910-076-921  樹林・鹿角渓人工湿地そば 
汐止ステーション  886-2-8978-7367  城中ポンプ場洪水防止道路そば (汐止国泰医院の後方付近) 
自転車レンタル方法備考
※救援センターホットライン:886-2-8978-7685
※毎月3日は安全維持会議のため、1日お休みとさせていただきます。(月曜あるいは土日祝日の場合は順延)  
※夏期:4月~10月 冬期:11月~3月
※貸出しは閉店1時間前までとします。
※2014年4月1日より台北市・新北市でのワンウェイ・レンタル(乗り捨て)が始まり、さらに便利になりました。 
※台風時は臨時休業となります。
※最新情報は下記インターネットサイト、または各ステーションの掲示物をご覧ください
※自転車新文化基金会 http://www.cycling-lifestyle.org.tw
※新北市河浜自転車は、製品責任保険および貸出しステーションの範囲内の公共事故責任保険のみを補償するため、付帯保険への加入が必要な場合は、ご自身で加入していただくことになります。
鉄路と自転車の組み合わせ
環境意識が重視されたの今とき、新北市政府が環境のため 鉄路を利用して自転車と一緒に旅に出るの企画してます。行楽者のみんなが 鉄路を使って自転車と一緒に乗り、目的地を到着した後 自転車を載せ 各地の風景を楽しいながら 環境の公害も最低限に抑えるできます。 http://163.29.3.98/twrail_bicycle/bicycle/