:::
ここをクリック!
了解しました
通貨、両替所
通貨
1. 台湾で通用している貨幣は新台湾ドルで、単位は「元」、コードは「 TWD 」、略称は「 NT $」です。紙幣の種類は 100元、 200 元、 500 元、 1000 元、 2000 元で、硬貨の種類は 1 元、 5 元、 10 元、 20 元、 50 元です。ただし、 20 元、 200 元、 2000元はあまり見かけません。価格の計算の際、小数点以下の位が出たら、四捨五入して、切捨て、繰上げを行います。

2. 悠遊カードは MRT 、バス、台鉄、タクシー、渡し船に乗ることができるほか、電子マネーとしても使用できます。悠遊カ ードでの支払いは1回あたり 1000 元以下、また1枚のカードで1日最高消費額は 3000 元です。チャージ額上限は 10,000 元です。コンビニや MRT 駅などでチャージできます。コンビニ、スーパー、レストラン、ファーストフード店、ドリンク 店、書店、ドラッグストアなど、全国 12,000 軒あまりの特約商店があります。現金が要らず、お釣りの手間も省けます!

3. 台湾ではクレジットカードでの支払いも一般的です。
Visa :0080-1-444-123  
Master:0080-1-10-3400
American Express:886-2-2100-1266
JCB:213-688-00941 

4. トラベラーズチェック
銀行や外貨両替所、ホテルなどでトラベラーズチェックを新台湾ドルに換金できます。また、特約商店では直接ト
ラベラーズチェックを現金として使うことができます。台湾では現金やクレジットカードに比べると一般的ではあ
りませんが、紛失した際に購入者控えを提示すれば再発行を申請できる利点があります
両替所
空港内に「 Foreign Currency Exchange 」があるほか、政府指定の外貨両替可能な銀行、国際的な観光ホテルで両替できます。両替の際にもらう領収書は大切に保管するように。帰国前に使用しなかった台湾ドルを再両替する場合、この領収書を提示する必要があります。一部の郵便局やデパートでもユーロや米ドル、日本円、人民元などの外貨両替サービスを行なっています。
通貨とクレジットカード、トラベラーズチェック
台湾の硬貨は、一元、五元、十元、二十元、五十元があり、紙幣には百元、二百元、五百元、千元、二千元の五種類があります。大都市の一部の銀行、ホテル、デパートで外貨を台湾ドルに換金することができます。しかし、郊外や地方にお出かけになるなら、換金はやや不便ですので、出発の前に予め準備されることをお勧めします。

殆どのホテルでは、トラベラーズチェックとクレジットカードが使えます。また、都市の殆どの商店でも、現在では、クレジットカードによる支払いが可能となりました(主に、アメリカンエクスプレス、マスターカード、VISA、ダイナースクラブ、JBC)。

台湾の紙幣が一新しましたので、2002年7月1日より旧貨幣は使えなくなりました。

中央銀行では台湾ドルの偽造防止効果を高めるために紙幣の刷新を進めてきましたが、この2002年7月1日に新2千元札が発行され、すべてが新紙幣にバトンタッチされました。現在、旧貨幣の回収が進められており、下記の紙幣やコインは、法により既に流通が禁止されていますのでご注意ください。

紙幣:「台湾銀行」が発行した1000元札、500元札、100元札、50元札はすべて旧貨幣に属します。
コイン:民国81年、82年製造の50元黄銅貨(表に梅の花、裏に「伍拾圓」および「50」の字)。

*上述の旧貨幣をお持ちの方は、台湾銀行各支店で同価値の新貨幣と交換してください。
*台湾の貨幣について、更に詳しい情報を知りたい方は、台湾銀行のHPをご参照ください。
詳細リンク
中央銀行
銀行の営業時間
平日(月曜日~金曜日)の午前9時~午後3時30分。昼休みはありません。