:::
ここをクリック!
了解しました
台湾鉄道
台湾では海岸沿いの都市を結ぶ鉄道網が整備されております。基隆から台北、高雄を結ぶ西部幹線(縦貫線)と東側は台東までの東部幹線(宜蘭線、北回り線、花東線)、枋寮から台東間の南回り線があり、鉄道だけで台湾をで一周回れるようになっています。その外に有名な阿里山の鉄道もあります。鉄道の種類は普通車、平快車(快速)、復興号(準 急)、莒光号(急行)、自強号(特急)が主要幹線を走っています。全ての列車が全面禁煙です。普通車、平快車以外は全席指定で、指定券は乗車の3日前から駅の窓口で購入できます。食堂車があるのは「莒光号」だけですが、各列車ともお弁当などの車内販売があるほか、各車両にはお茶とお湯の自動給湯器が設けられています。切符は日本と同様、駅の窓口又は自動券売機で購入します(窓 口は当日と翌日以降に分かれています)。「瑞芳—基隆—新竹」の28個駅(暖暖駅は含めておりません) 及び福隆駅、すべて 悠遊カードで使えできます,特殊車種以外に チケット金額は全部区間チケットの値段を基本に1割引きします。
台湾鉄道の縦貫線(北段)は新北市内の鶯歌、樹林、板橋、瑞芳、双渓、貢寮を通っており、その他非常に人気のある平渓支線もあります。
台鉄ネットオーダーシステム
東北角一日券
東北角一日券は大人チケット130元、優待チケット(含子供、老人と行動不便の人)66元、瑞芳駅から頭城駅の間に各站自由に乗り換えできます。区間車や復興号には 乗り換えの数は自由です。もし、自強號や莒光號など 乗り換え時にチケット不足の金額を払うのことをなっております。購入当日に使用限定。羅東、宜蘭、頭城、福隆、貢寮、雙溪、侯硐、瑞芳、基隆、八堵、松山、臺北、板橋、樹林、桃園、 中壢駅で發售します。
平溪一日券
平溪線(瑞芳~菁桐):大人乗車券NT$52、割引乗車券NT$28。
本券は各支線での利用に限ります。当日の利用に限り、日付印なきものは無効とします。
旅客は区間内の駅であれば無制限に乗降車が可能です。
本券は一度でも使用すると、払い戻しできません。