:::
リストに戻る

「淡蘭の食と時間に足を踏み入れよう」 民間の達人が古道に隠された秘密の美食と絶景を明かす

「淡蘭の食と時間に足を踏み入れよう」 民間の達人が古道に隠された秘密の美食と絶景を明かす
ニュース 2019/7/11
日付 2019/07/11 - 2019/07/11
主催者 新北市政府観光旅遊局
添付ファイル ダウンロード (PDF)
新北市政府観光旅遊局が初めて開催する淡蘭古道の夏のシリーズイベントでは、「淡蘭の食と時間に足を踏み入れよう」をテーマに、親子で一緒に楽しむのに適した三つの「徒歩ツアー」コースを提案。鶏母嶺、双渓、貢寮などの集落を訪ねながら、手間暇のかかるこだわり料理や農作業に精通した地元の達人とともに、隠れた庶民派食材、美食、風景などを体験します。

趣向を凝らした7月11日の記者会見では、淡蘭古道の野生食材を使用した料理を会場に用意。淡蘭集落の地元個人農家が生産した新鮮な農産品をアピールしたほか、生まれも育ちも双渓という抜群の料理の腕前を持つお母さん、呉月圓さんを会場に招き、地元産食材を使ったご当地風味の淡蘭のおいしいこだわり料理を紹介してもらいました。また、鶏母嶺で故郷の棚田の復元に取り組む蕭学苑さんは、昔ながらのヒカゲヘゴのおろし器でおいしい「さつまいものおやき」を作り、淡蘭古道集落の多彩な「食の魅力」を会場の方々に味わってもらいました。

今回のイベントで企画した三つの徒歩ツアーコースは、それぞれ「棚田でピクニック」(鶏母嶺)、「こだわり料理満喫の淡蘭グルメ旅」(双渓)、「古道の時のロマンを探訪」(貢寮)となっています。コースごとに特色があり、徒歩でガイド解説を聞いたり、食農教育を兼ねたおやつ作りを体験したりすることで、淡蘭の山道沿いの集落に息づく豊かな文化と特色をより深く理解することができます。また、どのツアーも楽しい手作り活動を取り入れており、淡蘭古道に生息する代表的な植物、「ヤブレガサウラボシ」の模様をシルクスクリーンでプリントし、淡蘭でのたくさんの思い出の記念として持ち帰ることができます。このほかにも、板橋の府中15では、7月20日と8月17日に、「淡蘭タイムシアター」が開催されます。『ロング・トレイル!』と『わたしに会うまでの1600キロ』の2本の世界的に有名なハイキング映画が上映されるほか、ワールド・トレイルズ・フィルムフェスティバルの上映作品に選ばれた『淡蘭古道』も、初めてスクリーンで同時上映され、世界で新たなブームとなっているロングトレイル旅行を共同で推進します。 

同シリーズイベントは、すでに7月4日にオンラインで参加受付を開始しています。希望者は、「ACCUPASS活動通」サイトからお申込みください。開催期間は7月14日から8月30日までの週末で、どの回も定員に限りがありますので、定員になり次第締め切りとなります。新北旅客と淡蘭道のFBページでは詳しい情報を提供しておりますので、ぜひお見逃しのないよう随時チェックし、早めにお申込みをお済ませください。また、新北旅客FBページの「新北玩家_淡蘭好食好玩」グループに加入すると、淡蘭古道に関する地元食材やグルメなどの最新情報が手に入ります。 

 詳しい情報は、新北旅客または淡蘭道のFacebookページをご覧ください。
新北旅客Facebookページ: http://www.facebook.com/ntctour 
淡蘭道Facebookページ: https://www.facebook.com/walkTKT/