:::
リストに戻る

2018淡水漁人舞台-夏のオリジナル音楽フェス 6/23より登場 多様な曲風を一度に 夏の新リフレッシュイベント

2018淡水漁人舞台-夏のオリジナル音楽フェス 6/23より登場 多様な曲風を一度に 夏の新リフレッシュイベント
ニュース 2018/6/13
日付 2018/06/23 - 2018/08/26
主催者 新北市政府観光旅遊局
新北市政府観光旅遊局ニュースリリース(2018年6月13日)
2018淡水漁人舞台-夏のオリジナル音楽フェス
6月23日より登場 多様な曲風を一度に 夏の新リフレッシュイベント

【新北市報道発表】
新北市政府が独自に創り上げたオリジナル音楽の拠点-淡水漁人舞台(フィッシャーマン・ステージ)が、今夏再び華やかに登場!忠実なファン層と確固たる実力を2年間積み上げてきた今年は、より多様な曲風と豊富なイベントで淡水河のリバーサイドにセンセーションを巻き起こします。6月23日より8月26日までの間(7月28日・29日と8月18日・19日を除く)、毎週土日の夜6時半から8時半まで、36組を超えるインディーズバンドと創作アーティストが交代で登場し、視覚と聴覚に訴える最高の夏の体験をお届けします。

多様な曲風が勢揃い 親近感が湧くインディーズ音楽
人々に大変愛されている淡水漁人舞台は今年、「We Love Music!」をテーマに、より多様な曲風をご用意しました。フォーク、ヒップホップ、林班原住民音楽、ジャズ、ワールドミュージック、各種ロックンロール、オルタナ系、パンクなど、合計14種類以上の曲風で、視覚と聴覚に訴える最高の饗宴を音楽ファンにお届けします。6月23日に率先して登場するのは「脱拉庫楽団」と「恰吉」。ロックの敵なしの魅力で淡水漁人舞台のトップバッターを飾ります。騒包楽団の元ボーカルの「恰吉」と「脱拉庫楽団」はどちらも15年の時を越え、貢寮国際海洋ロックフェスティバルの予選でトップテン入りを果たした音楽バンド。ぜひ開幕当日に自ら会場に赴き、最も夏に似合うロックを肌で感じてみてください。

7月7日に登場する「激膚楽団」と「台客電力公司+17Live」は、今トレンドのエレクトロ、パンクミュージックをお届けするほか、「台客電力公司」と17Liveの有名ライバーのコラボがどのような火花を散らすのかについても大変期待されます。他にも、2017年に台湾B-Box大会のペア部門で優勝した超人気学生グループ「金子兄弟」、今年の金曲奨で最優秀原住民アルバム賞と最優秀原住民歌手の2部門にノミネートの「桑梅絹」、初アルバムにして今年の金曲奨で最優秀新人賞と最優秀バンド賞などの4部門にノミネートし、変化に富んだ楽曲と心に染み入る歌詞が印象的な「茄子蛋」など、多彩な顔ぶれが集結。中でも特筆すべきは、淡水漁人舞台を代表する8月11日のヘビメタナイト。今年は4組以上のヘビメタバンドが登場する予定なので、インパクトのある爆発的なサウンドを体験したいという方は絶対にお見逃しなく。また、8月25日にはトリを務める「鱷魚楽団」と「Boxing楽団」が最高に奔放な熱いステージを繰り広げます。まるまる8週間にわたるイベント期間中、淡水漁人舞台には36組の厳選実力派バンドが登場するほか、ベテランバンドマンでもある司会者の阿炮師が毎回会場で曲風について解説してくれます。そんな淡水漁人舞台はこの夏、あなたの頭脳と耳を一度に満足させます。

漁人舞台がキャンパスに初潜入 若き新しい声を発掘
若い聴衆に親しみを持ってもらうため、今年は初めて阿炮師のキャンパス訪問を企画。学生と交流しながら漁人舞台の将来性ある新人スターを発掘すると同時に、淡水漁人舞台が応援する台湾オリジナル音楽の精神を伝えました。今年は淡水周辺の淡江大学、城市科技大学、真理大学の3つの大学を訪ねましたが、そこで出会った多くの将来性ある新人が、いつか漁人舞台の上で輝きを放つことが期待されます。また、淡水漁人舞台の芸術総監督を務める有名デザイナーのAkibo先生は、特別に台北芸術大学の学生を集め、「聞く」音楽をビジュアルアートに変身させました。学生たちは油彩で曲風に新たな解釈を加え、ユーモラスなラインを持った「ジャズ」、黒白赤の3色とドラゴンの姿で表現した「ロック」、蛍光色と黒を散らした「ロック」を完成させました。オリジナル創作の精神を十二分に発揮したこれらのドラム作品も、イベント会場で皆様にご覧いただけます。

オリジナル音楽XオリジナルアートXオリジナルマーケット=夏のリフレッシュ新体験
台湾で最も美しい屋外ステージと称される淡水漁人舞台は、Akibo先生がステージ全体の設計を手がけました。淡水漁人舞台の精神のシンボルであり、ランドマークにもなっているサワラオブジェを設置したステージのほか、今年は漁村をインスピレーションに、光るコンテナのアートオブジェを新たに制作。同時に、漁人舞台を代表する魚型のロゴに芸術照明を組み合わせることで、地元の精神を表現し、音楽を楽しむのにピッタリな夏の夜の独特な雰囲気を造り上げています。

また、今年は有名文化クリエイティブマーケットブランド「舒喜巷」と提携し、台湾で唯一麦芽とホップの香りが味わえるノンアルコールビールを生産するBolla宝啦鮮醸、完全手作りの新鮮ジャムを提供するRei'O蕾欧果醤屋、漁人舞台関連商品を販売する艸作生活&藍藍創作など、多数のユニークな手作り職人と創作工芸ブースを集結させました。ぜひ毎週土日の午後4時からマーケットで宝探しと新鮮な商品をご満喫ください。周辺コンテナでは冷たいビールや炭酸水、食欲をそそる原住民の石板焼肉、窯焼きピザやポップコーンなども販売しており、美味しい物と面白い物が満載のほか、ポイントを集めると参加できる「大家来捕漁」(皆で漁をゲット)の抽選イベントもご用意しております。

夏の最高のリフレッシュ方法は、ずばり淡水漁人舞台。潮風に吹かれながら夕日を眺め、インディーズ音楽の見応えあるステージに合わせて思いっきり体をスイング。ぜひそんな淡水漁人舞台で素晴らしい夏の夜を満喫し、新しい淡水の風情を肌で感じてみてください。

インディーズ音楽大賞前哨戦 貢寮国際海洋ロックフェスティバル予選開始
インディーズ音楽ファンの方々は、貢寮国際海洋ロックフェスティバルの予選大会もお見逃しなく。今年は6月16日から18日まで、大稻埕埠頭PIER5、淡水漁人舞台、MRT淡水駅後方広場の3会場で熾烈なロックの激突が展開されます。6月17日には10組のバンドが海洋ロックフェスの決勝出場権をかけて、淡水漁人舞台で熱い争いを繰り広げます。大変見応えのあるステージが期待されますので、ぜひ会場でご自分が応援するインディーズバンドに声援を送ってください。

「音楽、夕日、ビール、魚、これが漁人舞台のすべて!」 6月23日(土)より毎週土日の夜6時半から8時半まで開催の淡水漁人舞台。淡水の日が沈む時刻に時間通りスタート!

新北市観光旅遊網: http://tour.ntpc.gov.tw
新北旅客Facebookページ: http://www.facebook.com/ntctour
淡水漁人舞台Facebookページ: https://www.facebook.com/fisherman.stage