:::
ここをクリック!
了解しました
【燦光寮古道】ススキと黄金の旅で秋の絶景を制覇
「燦光寮」という名は、地元が秋を迎えると、山全体を覆う黄色がかった白いススキが、日差しに照らされてまぶしく輝く光景に由来すると言われています。そんな「燦光寮古道」は、まさに金色に輝くルートだと言えます!牡丹駅でバスに乗車し、バス停「十三層老樹」で下車後、徒歩10分で「燦光寮古道の出入口」に到着します。古道は途中、金瓜石水道水抽水所跡、小さな滝、柑仔店(雑貨店)跡、金山福徳宮などを経由し、最後は樹梅坪展望台に到着します。全長5キロメートル近くあり、所要時間は約3時間。道中なだらかで、一部は階段になっているため、難易度は低めです。その上、燦光寮山は基隆火山群の中で最も高い頂を持つため、広大な展望を楽しめるほか、天気のいい日には、台北市と東北角の海岸も望めます。歩道を出てから、102県道に沿って進むと、金瓜石地質公園へと向かうことができます。金瓜石地質公園の前身は廃棄になった本山坑場で、ありのままの鉱業の痕跡が観察できます。また、その近くには、日本統治時代に炭鉱採掘がきっかけで設置された金瓜石神社があり、現在は荒廃しているものの、残された遺跡からは、当時の神聖かつ荘厳な様子を窺うことができます。金瓜石の黄金の歳月をもっと深く実感したい方は、そのまま黄金博物館まで行ってみてください。ここはかつての金鉱鉱区跡を博物館パークにリノベーションしたもので、鉱業の歴史、黄金の文化、砂金採りなどに触れることができ、午後の時間を全部使って回っても飽きません。このルートの最後は、九份老街に到着します。九份老街では、アイスとホットの両方おいしいタロイモ団子を味わうもよし、もしくはどこか茶店に入って美味しいお茶を飲むもよし、ぜひ休憩しながらこの金色の旅を振り返ってみてください。

牡丹駅

1

燦光寮登山歩道

滞在のおすすめ
3 時間

2

金瓜石地質公園

滞在のおすすめ
1 時間

3

黄金神社

滞在のおすすめ
0.5 時間

4

金瓜石黃金博物館

滞在のおすすめ
1.5 時間

5

九份老街

滞在のおすすめ
1.5 時間

燦光寮登山歩道

アドレス新北市瑞芳区金瓜石燦光寮山
電話連絡 886-2-24972250 (瑞芳区役所)
営業時間年中開放

牡丹駅 から 燦光寮登山歩道 までの交通情報

バス

牡丹駅で下車し、F812系統のバスに乗り換え、「十三層老樹」で下車すると、歩道の入口に到着

金瓜石地質公園

アドレス新北市瑞芳区102県道18K
電話連絡 886-2-24972250
営業時間日中営業

燦光寮登山歩道 から 金瓜石地質公園 までの交通情報

徒歩

沿燦光寮古道に沿って徒歩約3時間で到着

黄金神社

アドレス新北市瑞芳区金瓜石金光路8号(黄金博物園エリア)
電話連絡 886-2-24962800
営業時間日中営業

金瓜石地質公園 から 黄金神社 までの交通情報

徒歩

徒歩約30分で到着

金瓜石黃金博物館

アドレス新北市瑞芳区金瓜石金光路 8 号
電話連絡 886-2-24962800
営業時間月~金曜日09:30~17:00、土・日曜日および国の祝日09:30~18:00、【休館日】毎月第一月曜日(国の祝日と重なった場合は開館し、翌日を休館とします)。旧暦の大晦日・元日・政府公告の自然災害による休日、その他必要な休館日は別途告知します。
チケット情報80元/人(体験活動を除く)。入場券の必要ない方は、資格を証明する書類を提出されれば入場無料となります。特殊な状況につきましては当館の公告に準じます。

黄金神社 から 金瓜石黃金博物館 までの交通情報

徒歩

徒歩約15分で到着

九份老街

アドレス新北市瑞芳区基山街
電話連絡 886-2-24063270
営業時間終日開放、各店舗の営業時間による

金瓜石黃金博物館 から 九份老街 までの交通情報

バス

バス停「金瓜石」(黄金博物館)で788か965系統に乗車し、「九份老街」(旧道)で下車後、約10分で到着

復路の交通情報

バス

バス停「代天府」(天判堂)で965系統に乗車し、瑞芳駅で下車後、台鉄に乗り換え帰路へ