:::
猴硐猫橋ドキュメンタリー
新北市瑞芳区の猴硐猫橋は、元々1970年に台鉄が猴硐駅に住民が出入りすることを目的として建設した陸橋でした。2009年から「猫村」の名前が広がり、現地の旅行客が日に日に増え、必ず駅の陸橋を通って猫村、炭鉱園区を往来していました。陸橋の老朽化と狭さに対する住民の声が高まるにつれ、新北市政府は改築を決定し、2012年から「猴硐駅猫村横断陸橋」の改築工事案の計画が始まりました。その際、現地住民の意見を参考にして猫村の特色を取り入れると同時に、現地の炭鉱、猫、トンネルのイメージも融合させ、独特なスタイルの「猫橋」をつくりました。橋の中には猫の足跡、写真、イラストがあり、さらに猫専用の通行、ジャンプ台も設計されており、2013年には公共工事金質賞の評価を獲得しました。